まいことひむちゃん

心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内が細くなり、血液の流れが停止し、酸素や大切な栄養が心筋まで送られず、筋繊維が壊死するという深刻な病気です。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全を引き起こして些細な病原体が原因の日和見感染や悪性新生物などを複数併発する症候群そのものを称しています。
多機能な肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)は、肝硬変を筆頭に多種多様な疾患を起こす可能性があるのです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や喫煙・アルコールを毎晩飲む事・体重過多などの生活習慣の質の低下、ストレスによって、最近、日本人に増加しつつある病気だといえます。
体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の身体の中の脂肪の占有する割合を指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算によって確認できます。
ばい菌やウィルスなどの病気を連れてくる微生物、即ち病原体が口から肺の中へ侵入して発病してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示したことを「肺炎」と総称しています。
ハーバード・メディカルスクールHMS)の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2~3杯のノンカフェインのコーヒーに変えると、驚くことに直腸ガン危険性を0.52減らせたらしい。
筋緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首こり、張りに誘引される最も一般的な頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような頭痛」「重くてたまらない耐え難い痛みと言われています。
世界保健機関(World Health Organization)は、有害なUV-Aの著しい浴び過ぎは皮ふに健康障害を招く可能性が高いとして、19歳未満が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行為の禁止を世界各国に求めています。
塩分と脂肪の摂取過多を控えて適切な運動に尽力するだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような毎日を意識することが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に予防するポイントです。
生殖器である前立腺はその生育や活動に雄性ホルモンがとても深く関係していて、前立腺に現れた癌も同様に、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きを受けて大きくなります。
汗疱(かんぽう)とは掌や足の裏、指と指の隙間などに細かな水疱がみられる症状で、基本的にはあせもと呼び、足裏に出現すると足水虫と混同されるケースもままあります。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに対応した予防するための方法や治療方法等必ず行う対処策は、季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでも一緒です。
AEDというのは医療資格を保有しない方にも使用可能な医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの指示通りに利用することで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効果を患者に与えます。
相席居酒屋 市原市
薬や酒に含まれるアルコール、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、肝臓が果たす非常に大事な任務のひとつなのです。